« ミスティご乱心!!!!!!!! | トップページ | ニュースがないのは良い便り? »

無事に大きくなるのは難しい…

 3月に生まれた9番目のベビーですが、今月6日、残念ながら天の川に向かって旅立ってしまいました。食欲があるのに、なかなか大きくならなかったのが気になってた矢先なので、何か先天的な問題があったのかもしれません。

 6月末ごろでしょうか、姿が見えないなと思って探してみたら、水場の隙間にグッタリしたベビーを発見、溺れたかと慌てて陸に上げると、かろうじて呼吸している状態でした。しばらくは、ご飯に一応は反応したり、粉末コオロギを口元につけると全身で嫌がったり(苦笑)、構われたくなくて逃げ出したり、体力が落ちてはいても必要に応じて動けているようでした。後ろ足にあまり力が入らず、でこぼこの地面を歩くとひっくり返るし、この先が難しいことは想像できていたのですが、頑張って呼吸して生きようとしているベビーに、何もしてあげられないことが切なく、ただ頑張ってほしいと願っていました。5日はまだ、水をかけたらバタバタと動いたりして、ちょっと元気になったんじゃないかと思うくらいだったのですが、翌朝、水槽の水場の奥の方に動かなくなったベビーを見つけました………。

 あんなに体力が落ちていたのに、いつもの場所ではないところに移動していたこと、その体勢があまりに不自然だったことで、もしかしたら弱ったベビーはいじめられていたのかもしれません。頭と背中に一部淡い色の部分があったので、見てないときに襲われた傷じゃないかという想像もしてしまいます。あるいは単に移動していたものの、おぼつかない足どりだったので、変な形でひっくり返ってしまっただけかもしれません。以前も書きましたが、争いごとは好まないトカゲという話を聞いていたのですが、家族で大喧嘩することがあるし、トカゲの世界はわからないですね。なんにしろ、残念で寂しいです。

 その大喧嘩の原因となり、現在メイン水槽から離されているミスティは、相変わらずちょっぴり口が開いてて、コオロギも食べようとしないのですが、今のところ元気そうです。トカゲは本来、1週間くらいご飯を食べられなくても大丈夫なので、たくさん食べてたストックがあるのでしょうか。気が向いたら食べられるようにと水槽にはワラジムシやミミズを入れてあるので、コッソリ食べてくれていればいいんだけど……

|

« ミスティご乱心!!!!!!!! | トップページ | ニュースがないのは良い便り? »

ミスティ&カペラ」カテゴリの記事